ストレスを軽減するには(大橋直久)

ストレスを軽減するには、原因はそのままで自らの意識をほかにむけることで回避していく方法。

これには、趣味に没頭してストレスを意識しないようにつとめる方法などがあります。

このようにできる人が、ストレスに強い素質をもっている人だと思います。

私の場合は、「元を断つ」という方法をとります。

ストレスとうまくやっていく「素質」をもち合わせていないからです。

でもこの方法は、必ずしも最良の方法ではないかもしれません。

ストレスをうけているほうにも、元となっている側にとっても、大きな苦悩やいたみをともなうことになるからです。

ストレスが職場と関係しているのであれば、職場を退くことにもなりますから、経済的な困難も出てきます。

家庭をもっている場合、ストレスの原因が夫(妻)であったら、離婚ということになります。

しかし私は思い切って、元を断ちます。

経済の不安定や苦悩よりも、心の抑圧されない状態をとるからです。

大橋直久

この記事について

このページは、-が2015年8月26日 11:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「食べるという行為」です。

次の記事は「雑談で気をつけたいこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。