結婚披露宴に招待されたら

結婚披露宴に招待されるということは、当事者側が大事な存在だと考えていてくれるということである。

招待されても、披露宴当日のその時間とはずせない仕事が重なったり、服喪中であったり、出席できる健康状態でないなど、招待にこたえられない場合もあるかもしれない。

しかし、そういった事情がないかぎり、先方の気持ちにそって快く招待に応じ、祝ってあげるようにしたいものである。

招待状が届く前に、口頭で出欠を聞かれる場合もある。

出席すると伝えたら、きちんとスケジュールを合わせておくようにしたい。

招待状が届いてから、欠席の返事を出すなどということは避けたい。

大橋直久

この記事について

このページは、-が2018年6月24日 11:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「和風披露宴 その2(大橋直久)」です。

次の記事は「相手の希望を聞いてから、結婚祝いの品を決める(大橋直久)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。