和風披露宴 その1

料亭や自宅などで行ないます。

いわゆる、宴会の雰囲気が濃く、年配者には喜ばれます。

席次はディナー形式と同じですが、動きやすいように隣の席の人との問が離れています。

新郎新婦がお酒をすすめられることも多いので、座が乱れないように気をつけます。


(1)会場入口で参列者を迎える

挙式後はほっと気がゆるみ、急に疲れを感じるでしょうが、会場入口ではにこやかに招待客を迎えます。

声を出す必要はありません。

相手の目を見て会釈をするだけで十分です。

握手を求められたら、そっと手を差しのべます。

(2)スピーチの間は相手の目を見る

スピーチをする人は、たいていまず、ふたりに向かって「おめでとうございます」といいます。

座ったまま、軽く会釈をし、そのあとは話し手の目を見る気持ちで視線を向けます。



大橋直久

この記事について

このページは、-が2018年4月23日 14:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「相手から断られた場合 その2(大橋直久)」です。

次の記事は「和風披露宴 その2(大橋直久)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。