相手から断られた場合 その1

お見合いの後、相手に対してこちらの心が動かないことがあるのと同様に、相手から断られるケースもあります。

せっかく気に入って交際をしようと思ったのに、と残念がったり、がっくりと気を落としてしまいがちです。

また、断られた理由がとても気になりますが、世話人にしつこく尋ねるのはマナーに反します。

断られたにも関わらず、相手の家に連絡したりすると、かえって自分をおとしめることにもなりますし、関係者の方々にも迷惑が及びます。

それとなく理由を話されることもありますが、すでに終わったことなのですから「ご縁がなかったのよ。」「人の好みはいろいろだからね。」とできるだけ早く気持ちを切り替えることができるように本人をはげましましょう。

ただし、本人の心の問題ですから、あまりうるさく繰り返しはげますのは逆効果です。

軽くはげましの言葉をかけ、あとはそっとしておくぐらいの配慮がほしいものです。



大橋直久

この記事について

このページは、-が2018年2月23日 14:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「結婚通知について(大橋直久)」です。

次の記事は「相手から断られた場合 その2(大橋直久)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。