コサージュ

コサージュは、婦人服の胸飾りのことです。

西洋の習慣では、両家の母親は相談して、同じコサージュを胸につけて出席します。

花の種類に決まりはありませんが、洋ランを使うのが通例のようです。

列席した女性もコサージュをつけてよいのですが、新婦の色である白い花を避け、また新婦がお色直しにコサージュをつける場合には、新婦より控えめになるように、気をつけましょう。

新婚旅行に出掛ける時、新婦はコサージュをつけますが、これをゴーイングアウェイ・コサージュといいます。

ブーケと同じように、コサージュの注文は、遅くとも一週間前には済ませましよう。

大橋直久

この記事について

このページは、-が2017年6月 5日 13:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ブライダル・ブーケ(大橋直久)」です。

次の記事は「縁談候補者を選ぶとき(大橋直久)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。