2017年5月アーカイブ

正式には白い花(貞淑を表すジャスミンや子孫繁栄を表すオレンジの花と、希望を表す緑(たとえばスマイラックスなど)で作りますが、現在では、新婦の好みの花を使うことが多いようです。

生花を使う場合、汚れやシミのない、特別に作られたブライダル用の花を使いますので、遅くとも一週間前には注文しましょう。

ブーケには、いろいろな形がありますので、新婦の体型やドレスのデザイン・色などとのバランスを考えて決めましょう。

フラワーデザイナーに相談しながら決めるのもよいでしょう。

その際、ヘッドにつける花も、一緒に考えてください。

◆花の費用
こうした花にかかる費用の負担にも習慣があります。

新郎側はブライダル・ブーケと、両親や姉妹のコサージュや花束を、新婦側はその他の花束、披露宴食卓などの花、教会で式を挙げる場合の教会堂の花などを負担します。

大橋直久

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。