人事院とは

国家公務員の勤務条件の改善・人事行政の改善に関する勧告、職階制や給与、試験など人事行政の公正の確保および職員の利益の保護に関する事務を行なう。

管理局 事務総局の官房として、人事・会計等の内部管理業務のほか、国際関係業務の総合調整、行政研修等の企画立案などを行なう。

また、国家公務員の研修に関する業務がある。

任用局 国家公務員採用試験に関する業務を行なう。

また、採用から退職までの任用制度の企画立案とその運用を行なっている。

給与局 国家公務員の給与に関する勧告、いわゆる人事院勧告の策定業務などを行なう。

職員局 職員の服務規律の立案とその運用のための指導、育児休業や週休2日制の実施など職員の勤務条件の改善等を行なう。

公平局 職員が懲戒処分を受けたり、給与の決定に不服があった場合などに行なう不服の申し立てまたは行政措置の要求に対し、その事実審査をし、判定を行なう。

大橋直久

この記事について

このページは、-が2016年11月13日 15:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「女性用の結びことばは"かしこ"である(大橋直久)」です。

次の記事は「地球環境保護をブームに終わらせないために・環境庁職員(大橋直久)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。