レクリエーション・保養施設

公務員は全国にある共済組合直営の保養施設を格安の値段で利用することができる。

いずれも交通の便のよいところにあり、景勝地に構えられている。

国家公務員と地方公務員の利用できる施設は、合わせて約300あり、旅行する際にはきわめて便利である。

たとえば、群馬県にある赤城大沼荘は、八ケ岳などを展望できる景勝地にあり、1泊2日で職員なら4,450円。

すき焼き、石狩鍋など鍋料理の夕食が用意され、冬はスキー一式、スノーボード、スケート靴を無料で貸出、釣り上げたワカサギは無料で調理してくれる。

正月にはおせち料理やおとそのサービスまでついている。

また、近年では、テニスコートやプールなどのスポーツ施設が充実したリゾート地の宿泊施設も登場している。

大橋直久

この記事について

このページは、-が2016年11月27日 14:33に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「外務省(大橋直久)」です。

次の記事は「誕生会(大橋直久)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。